東京の中国人向けマンション|ミライリス株式会社 > MIRAIRIS株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 耐震・制震・免震について

耐震・制震・免震について

≪ 前へ| 意外と知らない間取りの定義   記事一覧   民間住宅ローンの例|次へ ≫

耐震・制震・免震について

カテゴリ:不動産用語集

耐震・制震・免震の違い


 東日本大震災以降、地震に対する備えをする人も増えたのではないでしょうか?家を建てるにあたって、地震への備えはしておきたいものですね。実は、建物における地震への構造上の備えとしては、「免震」「耐震」「制震」の3種類があります。

 

先ず、建物の揺れ方の違い


 


耐震構造


 耐震とは、壁や柱、接合部を強化することで建物の強度を上げる工法です。
地震の揺れによって建物が倒壊するのを防ぎ、住人が避難できるようにします。
具体的な方法としては、壁の中に筋交いや構造合板を入れて強度の高い耐力壁をつくったり、柱と梁の接合部を金物で補強します。

 


免震構造


 免震は、建物と基礎の間に免震装置を設置して建物を地盤から絶縁することで、地震の揺れを受け流して建物に伝えないようにする工法です。地震が起きたとき、基礎の上で動ける状態になっている建物が、地盤の揺れに伴って反作用で移動するため、
建物自体の揺れや変形、損傷、建物内の被害が大きく減少します。


 

 

制震構造


 制震とは、制振とも呼び、地震の揺れを抑える目的で作られた工法のことです。免震とは違い、地面に家の土台がくっついているため、地震の揺れが直接建物に伝わりますが、建物内部に重りやダンパーなどの制震材を組み込んでいるため、地震の揺れを熱エネルギーに転換し、吸収することができます。

 


「耐震」は、建築基準法によって一定の基準を保つことが義務付けられていますが、「免震」「制震」の構造は、「より地震に強い家に」という場合に検討してみたい構造です。

 

「免震」はそもそも揺れないようにするという意味なので、「制震」や「耐震」とは少し違った考え方です。それぞれの違いを説明してきましたが、地震対策として一番優れているのはやはり「免震」でしょう。


 免震・制震・耐震のどれか1つを選んで設計することもできますが、それらの考え方を組み合わせて設計することで、より地震に強い建物にすることも可能になっています。

 

≪ 前へ| 意外と知らない間取りの定義   記事一覧   民間住宅ローンの例|次へ ≫
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • 更新情報

  • 売却査定
  • スタッフ紹介
  • スタッフブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    MIRAIRIS株式会社
    • 〒110-0015
    • 東京都台東区東上野2丁目2-1
      品田ビル2階
    • TEL/03-6231-6886
    • FAX/03-6231-6885
    • 東京都知事 (1) 第103127号

      労働者派遣事業派     13-314650
      有料職業紹介事業     13-ユ-311854
      登録支援機関登録事業 19登東労三-000742
      住宅宿泊管理事業     国土交通大臣(01)第F1968号
      旅行事業          第3-8005号

  • QRコード
  • 更新物件情報

    2022-10-03
    レジデンス江戸川橋 旧ルフォンプログレ江戸川橋の情報を更新しました。
    2022-10-03
    CLASS YOTSUYAの情報を更新しました。
    2022-10-03
    ヴリコラージュSAKATAの情報を更新しました。
    2022-10-03
    クレヴィスタ西馬込の情報を更新しました。
    2022-10-03
    桜ヒルズ護国寺の情報を更新しました。
    2022-10-03
    フォーラムイン・東京の情報を更新しました。
    2022-10-02
    ハローレジデンス西葛西の情報を更新しました。
    2022-10-02
    ヴェルト五反田西の情報を更新しました。
    2022-10-02
    クリオ五反田の情報を更新しました。
    2022-10-02
    カスタリア蔵前の情報を更新しました。
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る